男の人

生き生きとした腸内環境を

腸

正しい飲み方をする

腸内環境の改善として善玉菌を増やす事が大切なのは広く知られてます。それの助けとなるのがフジッコから出ている善玉菌のチカラです。これに使われている菌は非常に粘り強く途中で死滅する事無く大腸まで届くのが売りです。しかし基本的にこの手の菌は胃酸に非常に弱いので敢えてそうなるような飲み方はしないほうが良いです。空腹時に善玉菌のチカラを飲んでしまうと胃酸が直撃してしまうのでいくら粘り強いとはいえ相当弱ってしまうと思います。そこで食後に飲む事で他の食物と共に胃の中へ入っていくので胃酸の効果も分散するため殆ど弱ることなく大腸まで届きやすくなります。食後、特に夕食後に飲む方が効果的です。寝ている間に届くからです。

効果を向上させる食習慣を

善玉菌のチカラは腸内環境を高める効果がありますが、その効果を最大限まで高めるのなら食習慣を変える事です。ヨーグルトや乳酸菌飲料、味噌や納豆等の発酵食品を食べる事により善玉菌は増えます。またこれらの菌の栄養になる食物繊維やオリゴ糖を積極的に摂取する事で善玉菌のチカラは効果が飛躍的に上がります。食物繊維と言えば野菜です。あと意外と知られていませんが、大豆や玉ねぎ、ゴボウにオリゴ糖が含まれています。ですから野菜をメインにした食生活にすると腸内環境改善の助けになるわけです。そして手軽かつ効果的に善玉菌のチカラを助けてくれる食物は納豆です。発酵食品なので善玉菌を増やす効果がありますが納豆菌自体が腸内の悪玉菌を減らす効果もあります。更に納豆自体にもオリゴ糖が含まれているので納豆を食べた後に善玉菌のチカラを飲むというのも一つの手です。