ウーマン

生き生きとした腸内環境を

善玉菌のチカラは食後に飲む方が胃酸の直撃を受けずに効果を保ったまま大腸まで届きます。また日常の食生活に野菜や乳酸飲料、発酵食品を積極的に取り入れる事で善玉菌のチカラの効果を更に高めます。特に納豆は悪玉菌を減らしてくれるので善玉菌のチカラとの相性は良いと思います。

綺麗に美味しくダイエット

食事制限による栄養不足はダイエットの大きな問題点です。でもお嬢様酵素を飲めば、そこに含まれている豊富な植物由来の栄養成分や美肌成分のおかげで健康的にダイエットできます。しかもお嬢様酵素は飲みやすいので継続して飲むことも簡単です。

腸を綺麗にすることで

お腹

腸内細菌のバランスが大切

腸には人の身体の免疫システムの70%が集まっているといわれます。腸内環境を整え、便秘解消をすることが、健康にも、健康的にやせるためにも大切ということがわかってきました。腸内細菌は大きく三つに分かれます。人にとって役立ってくれる善玉菌、有害物質を作る悪玉菌、どちらか優勢になっている方の見方になる働きをする日和見菌です。善玉菌が悪玉菌より多い状態だと健康的なのですが、長期間悪玉菌優位になると、様々な悪影響が及ぼされます。悪玉菌によって作られる有害物質は、肝臓を弱らせ解毒を間に合わなくさせると、体中に回ってしまいます。血管の病気や肥満、認知症、老化、ガンなどにも関係してしまうのです。おならが臭くなったり便秘になるのも悪玉菌の影響です。腸内環境を整えるということは、善玉菌を増やして悪玉菌の増殖を抑えることです。悪玉菌代表のウェルシュ菌は便やおならの悪臭のもとを作ります。ですが、タンパク質の未分解物の分解をしてくれる役割もあります。悪玉菌が消えればよいのではなく、バランスよく腸内環境を整えて便秘解消をすることが大切です。

食べるもので手軽にできる

善玉菌が優位な状態だとなぜやせる体質になるのでしょう。善玉菌が増えると、消化や吸収がスムーズに行われます。細胞が活性化されていくと内臓機能も活性化し、脂肪燃焼も高まっていきます。無理なダイエットで体を飢餓状態にすると、代謝が落ちてしまいます。それによって腸の働きが悪くなり、便秘になりやすくなります。さらに、血行が悪くなってくると脂肪がつきやすくなり、太りやすくなってしまいます。そのため、健康的にやせるには、腸内環境を整える必要があるのです。どうすれば善玉菌を増やせるのでしょう。それには、善玉菌を含む食品を摂るとよいです。ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を含む食品といえば、ヨーグルトや味噌、漬物などの発酵食品です。胃酸などの消化液に強い乳酸菌サプリなども開発されてきていて、手軽に摂ることもできるようになりました。日々の食事を善玉菌優位になるようシフトしていくと、やせる体質を手に入れるだけでなく、健康的になれます。腸から美人を目指しましょう。

今流行りの

置き換えダイエットで使用される酵素スムージーは、栄養価が高いため健康的に痩せることができます。置き換えは1日で1食にするようにしましょう。また、美肌になるために飲むときは、寝る前に飲むのが理想的なようです。